消費者金融で即日でお金を借りるためには

まとまったお金が必要になる状況は色々あります。住宅ローンや教育ローンなど、あらかじめ入念に練った計画の上で借り入れを開始する場合もあれば、友人の保証人になってしまったために急にまとまったお金が必要になったという場合もあります。理由はどうあれ、現時点での自分の収入を超える出費が必要になった時にどこで借金をするかは大きな問題です。
借金をするにあたり、銀行なら安心して借り入れできると感じる方が大多数でしょう。しかし一般的に銀行は提出書類が多く審査に時間がかかると言われています。ですから、急にお金が必要になった時に必ずしもすぐに融資が受けられるわけではないかもしれません。
この点、消費者金融はカードローン ランキング審査が早く、最短で即日振込がされるというメリットがあります。もちろん即日で融資を受けるためには、いくつかの条件を満たしていなければなりません。その条件について知っておくなら、緊急時にスピーディーに対応できます。
大手消費者金融の公式ホームページを見ると、大抵どの会社でも即日融資可能という文句がトップページに出てきます。注目したいのは、そのための条件です。まず基本的な条件として、身分証明書と収入証明書の提出が求められます。次に大切なのは、平日のだいたい14時までに書類を提出または契約を完了するということです。
もし休日や遅い時間に申し込みをすると、在籍確認がとれなかったり振込ができなかったりするので、即日でお金を借りるためには平日の早い時間がベストだということを覚えておくと契約から融資開始までをスムーズに進めることができるでしょう。

銀行カードローンのメリット

以前はキャッシングと言えば消費者金融の商品と思われていましたが、最近では銀行も小口金融に力を入れ、現在では地方銀行も含め数多くの銀行でカードローンの商品を扱うようになりました。
銀行カードローンのメリットとして考えられるのが「低金利」「安心感」「総量規制の対象外」といったところになります。>>事業融資 金利
銀行はお金を預かり、金利を付けますがそれをもとに企業や個人に運転資金や目的ローンなどで少し高めの金利で貸し出し、その差益で事業をおこなっていますが、消費者金融は銀行にお金を借りて資金源とするため金利を払わなければならず、必然的に消費者金融の金利は銀行カードローンより高くなってしまいます。
「安心感」からみると消費者金融のイメージはテレビCMなどで有名タレントを使い、イメージ転換をはかっていますがいまだにふっしょくされていないところもあり、消費者金融を利用するのはためらいがあるということに比べて、銀行でお金を借りるということにはさほど抵抗感もなく、消費者金融に比べて安心感があるといえます。
消費者金融を利用するには貸金業法の総量規制から融資限度額は年収の3分の1以内と制限されているため年収のないかた、たとえば学生や専業主婦などは利用できませんが、銀行は銀行法で事業をおこなっているため、独自の審査基準を設けアルバイトをしていない学生やパートができない専業主婦でも利用でき、融資限度額の制限を受けないため高額融資を受けることを可能にしています。

キャッシングの金利計算

キャッシングは借りたお金と金利の合計を返済することになるのでどれくらいの金利を払っているかを知ることは大事なことです。
金利の計算方法はいたって簡単で、
借入残高×利用金利÷365日×利用日数=利用金利となります。
キャッシングの返済方法はほとんどの金融会社で「残高スライドリボルビング方式」という方式が使われています。
この方法は一度融資限度額が決まれば融資限度額の範囲内で何度でも借入ができる方法で、金利計算はその月の借入残高で計算されます。
たとえば三菱東京UJF銀行の「バンクイック」は毎月返済額が10万円〜20万円は2,000円、それ以上は10万円増えるごとに2,000円づつ増えていきます。
バンクイックで借入残高が20万円、利用金利を14.6%で1カ月間利用したとすると利用金利は
20万円×14.6%÷365日×30日=2.400円が利用金利になります。
元金返済額は4,000円ー2,400円=1,600円となり、翌月の借入残高は
20万円ー1,600円=198,400円が借入残高になり、198,400円で金利計算をします。
毎月返済額は低額の設定なっているので返済は楽なように思えますが、そのぶん返済期間が長くなりそのため総返済額が増えてしまいます。
返済期間を無理なく短縮する方法として、普段は毎月返済額で返済を続け、お金に余裕ができたときは繰上げ返済をすれば毎月返済額以外は元金の返済に充当されるので元金返済がはやくなり返済期間が短くなることで結果的に無駄な金利を払うことなく返済ができます。:急いでいる時にもおすすめ銀行カードローン

2015
03/01

Category:
融資

TAG:

COMMENTS:
No Comments »

総量規制対象の貸し付けとは?

貸し付け契約には「個人貸し付け」「個人保証」「法人貸し付け」「法人保証」とありますが、この中で総量規制対象となるのは「個人貸し付け」のみです。
具体的に例を挙げると、例えば、会社の代表取締役などは会社名義で融資を受ける際、保証人として名を連ねることが多いですが、そういった「保証人」となっている金額に対しては総量規制外ということになります。ですから、会社の運転資金ではなく個人で貸し付けを希望する場合、純粋に借り入れ希望金額が年収の1/3以内であるか?また既に他社から個人的借り入れを行っている場合、借り入れ希望金額と現在収入証明不要で借りている金額との合計が年収の1/3以内であるかが確認されることになります。
ちなみに、貸金業者へ融資の申し込みをする際、50万円を超える融資を希望する場合や他社借り入れ分も含め融資額が100万円を超える場合収入を証明する書類が必要となりますが、申込み金額に関わらず貸金業者は、申込者の他社借り入れ状況などを確認するため指定情報機関に問い合わせを行います。
信用情報機関に顧客データの問い合わせを行えば、リアルタイムに総借り入れ金額、返済状況などを確認することが出来、申込み金額と照らし合わせ年収の1/3以上の借り入れにならないかを計算することになります。健全な運営を行っている貸金業者であれば年収の1/3以上の融資を行いませんが、万が一それを超える融資を行った場合は、「貸金業法違反」もしくは「出資法違反」となり刑事処罰されます。

日本貸金業協会によると2014年8月の段階で貸金業としての登録業者は2,088社あります。
そう考えるとこれから利用しようと考えるのは1社であり、2,088社の中から自分にとって最適な1社を見つけなければならないということです。
消費者金融選びのポイントを押さえていなければ到底探せそうもありません。

それでは消費者金融選びの大前提として考えておかなければならないことを一つ、お伝えしましょう。
「大手消費者金融から選ぶこと」これだけです。
2,088社もある消費者金融の中からどのようにして選べばいいのか困るものです。
インターネットという情報を集約したデバイスがあるとはいっても、1社1社を確認していくことは難しいでしょう。
それだけではなく、その消費者金融に信憑性があるかどうかを判断する材料すらおぼつかないものです。
誰でも聞いたことがある消費者金融といえばどこを思い浮かべますか?
あなたが今、思い浮かべた消費者金融こそ安心できる大手消費者金融です。
プロミス、アイフル、アコム、この3社が消費者金融では最大手となっています。
最近では銀行が提供する消費者金融もありそこにも安心はあるでしょう。
オリックス銀行のオリックス銀行カードローン、新生銀行のカードローンレイク、これらも消費者金融です。
モビットも竹中直人さんの長年のCMもあり知名度も高いでしょう。
こうして見てみるだけでも2,088社の中からだいぶ絞ることができました。

消費者金融はまず、安心できるところを絞り出す作業から始めなくてはなりません。
そこからいよいよ、本当の消費者金融選びが始まります。
上限金利は何%なのか、急ぎであれば即日融資の方法も確認しなくてはなりません。
借り入れのことばかり考えても後々に待っているのは返済です。
返済の方法こそ慎重に見ていかなくてはなりません。

今でも多くの闇金融があります。
それらの闇金融と、知名度の低い消費者金融の見分けはつけづらいものです。
だからこそ安心できる消費者金融を選ぶことが、闇金融に迷い込まないための一番の対策になるはずです。
ピンチを救うためのキャッシングが思わぬピンチを作り出すことのないように消費者金融選びは慎重に行いましょう。

ブラック対応消費者金融は梅田のアルク

どうしてもお金が必要になったので消費者金融で借り入れをしたいけれど、過去に自己破産をしたことがあるという場合、再び借り入れをするのは難しい場合がほとんどです。しかし、ブラック対応の業者に一度相談してみることもできます。
たとえば、大阪市梅田にあるアルクという会社のホームページには次のような一文があります。
Q.過去に自己破産をしていますが、申し込みは可能でしょうか。また現在、複数社から借り入れていますが、利用できますか?
A.お客様の収支のバランスを基準に、判断をさせて頂きます。
大手の消費者金融とは異なり、アルクなど小規模の貸金会社は独自の基準でキャッシング審査が行なわれます。そのため、自己破産したため他の貸金業者では審査に通らなかった場合でも、場合によっては借り入れが可能になるかもしれません。返済には、一括返済、元利均等方式、元金均等返済、自由返済など複数の方法があります。さらに、返済期間も1ヶ月から48ヶ月まで可能なので、収支のバランスを考えて決定することができます。
アルクでは、一定の収入があれば専業主婦やアルバイト・パートでもほとんどの場合利用できるようです。フリーローンは1万円という小額から融資可能なので、初心者でも利用しやすいローンと言えるかもしれません。
すでに複数社から借りている場合や、月々の返済が困難になっている場合でも、ひとりで悩まずに、まずは相談して解決策を探すことが大切です。

消費者金融の融資額

最近の消費者金融は融資限度額が最大で500万円といった高額融資が可能になっていますが、はたして実際にそれだけの融資してもらえるのでしょうか。
消費者金融でキャッシングをするときは、貸金業法の総量規制の対象となるため融資をするときの限度額は年収の3分の1以内と制限されています。
たとえば年収が400万円の人であれば融資限度額が約130万円となり、消費者金融はこれ以上貸してはいけないことになっています。
そのために借入希望額が50万円をこえる場合や他社借入があるとき、合計100万円をこえるときは年収の3分の1をこえていないかを確認をするために収入証明書の提出を求められます。
また消費者金融でキャッシングをするときは年収が必要になるため、無職の専業主婦が個人名で利用できなくなり、どうしてもキャッシングをするときは「配偶者貸付制度」を利用すればキャッシングは可能になります。
配偶者貸付制度は、配偶者の年収とあわせた合計の3分の1以内の融資が受けられる制度ですが、利用するためには配偶者の同意を得ることが条件になります。
消費者金融の商品として「おまとめローン」や「事業者専用ローン」などもあり、これらの商品は総量規制対象外で、融資限度額も高く一般のフリーローンよりも金利が低くいといった商品で、年収に関係なく審査にとおれば融資を受けられます。
消費者金融の融資限度額は年収の3分の1以内と決まっているので、申込は限度額より少なく申込むと事業ローン 比較審査がとおりやすいと言われています。

キャッシングを圧縮し分割で返済する個人民事再生

民事再生でも個人で行う個人民事再生があります。
住宅ローンを除いた借金を減額し3年で分割返済をしていく方法になります。
減額になりますのでキャッシング残高がなくなるわけではなく返済義務がなくなるわけでもありません。
しかし高価な財残を手放す必要はありませんので、最終手段である自己破産を考える前段階として検討したい債務整理です。
民事再生を利用できる方はこのようになっています。
一つは住宅ローンを除いた借金の総額が5、000万円以下の方
もう一つは、このままの返済を続けていけばいずれ返済不能になることが推測できる状況にある方
最後は、今後も返済の継続ができるだけの収入がある方
3年の返済は簡単ではないかもしれません。
減額された金額は事情によって異なります。
借り入れ残高にも、保有している財産によっても限度額の程度が異なってきます。
民事再生を行うと個人信用情報機関にその履歴が掲載されますので以降10年間は借り入れをすることができませんし、融資や分割ローンを行うこともできなくなります。
これは大きなデメリットかもしれませんが、現在住んでいる住宅を手放す必要はなく今後の職業にも制限がないことは安心できるところです。
個人で自営業を行っている方などが債務整理の方法として選択することが多くなっています。
一般的には住宅ローン以外の債務は5分の1程度まで圧縮されます。
手続きには半年ほどを要することになりますので早めの決断が必要になるでしょう。お金を借りる方法をよくお確かめになり借り入れするようにしましょう。

今すぐお金を借りたいとき、返したいとき、人目につかない方法

今すぐお金を借りたいときでも、返済をするときでも、誰にもキャッシングの利用中であることを知られたくないときにはどのような利用方法があるでしょうか。
店頭窓口を使って借り入れや返済をする、専用ATMを使って借り入れや返済をする、それではキャッシングをしていることを隠すことができません。
人に見られる危険性としてはかなり高くなってしまいます。
それでは店頭窓口や専用ATMを使わずに借り入れや返済はできるのでしょうか。
一般的に用意されている借り入れの方法です。
これはいずれもすぐに借り入れができますが唯一振込キャッシングだけは時間に気をつけなければなりません。
・自社ATM
・提携ATM
・振込キャッシング
振込みキャッシングは振込実施時間に手続きが完了しなければ翌営業日に反映されます。
私たちが銀行を使って振り込みをするときにも平日の9時から15時までが即時振り込み手続きが完了されるものですがそれ以外の時間となると振込予約受付となります。
消費者金融から振り込みによるキャッシングを受けるときでも同じことです。
返済方法も多く用意されています。
・自社ATM
・提携ATM
・インターネットバンキングからの返済
・銀行振り込み
・自動引き落とし
ご覧になってもわかるように借り入れにも返済にもむしろ来店不要の方法が充実していることがわかります。
提携ATMもコンビニにありますのでキャッシングを利用しているとはわからないでしょう。